2003年04月



◆  低硫黄軽油「S50」全国発売スタート

 
  4月1日から、石油連盟に加盟する精製・元売各社の系列SSが全国で低硫黄軽油「S50」の販売を始めた(沖縄および離島を除く)。国の規制強化時期を1年9ヵ月も前倒しして、「S50ppm軽油」を供給する。(4月1日)



◆  経営部会でカード問題など検討

 
  全石連は4日に経営部会を開催し、発券店値付けの元売カード問題と、来店客とのトラブルを誘発するプリカなどの特殊な店頭価格表示問題を集中的に検討した。(4月8日)



◆  政策部会が消費税総額表示問題で協議

 
  全石連政策部会は4月9日、2004年4月から義務付けされる消費税の総額表示問題について協議し、石油販売業界への影響が極めて大きいことから、適用除外の要請を含めた運動を展開していく方向を確認した。(4月12日)



◆  軽油引取税全国協議会が設立総会

 
  全国地方税務協議会は4月15日、都内で「軽油引取税全国協議会」の設立総会を開催した。軽油引取税の事務処理に関する都道府県間の緊密な連絡と協力を図り、徴収の適正化を一層推進するため4月1日付で発足させていたもの。(4月17日)



◆  EMGのセルフ給油所546ヵ所に

 
  エクソンモービル・ジャパンの2003年3月末のEMG計給油所ネットワーク数は、セルフ給油所が546ヵ所に達し、前年同月比で225ヵ所の増加となった。このうち社有セルフは約半数の289ヵ所を占め、前年同月比で119ヵ所増加した。(4月17日)



◆  「品確法」の改正案が参議院通過

 
  経済産業省は今国会に「揮発油等の品質の確保等に関する法律」の改正案を提出しているが、同法案が4月18日、参議院を通過した。今後、同改正法案は衆議院での審議を経て成立する見通しで、公布後3ヵ月経過した日から施行される。(4月19日)



◆  新日石が千葉に新業態セルフ第1号店

 
  新日石とローソンが共同で業態開発を行ってきた“セルフ給油所・コンビニエンススト アー複合店”の第1号店となる「稲毛海浜公園前店」(千葉市美浜区)が4月18日オープンした。同時給油台数は6台、24時間営業、敷地面積は363坪。 運営は千葉エネルギー。(4月22日)